マーケットカレンダーの特徴

  1. 01
  2. 02
  3. 03
  4. 04

01【ミニ歳時記・記念日】

見落としやすい歳時記、売りの仕掛けのヒントとなる記念日など、販促 アイデアの無いタイミングでの商売のヒントになります。
(ex.2月22日猫の日:ペット用品、猫のキャラクターグッズ猫パッケージの食品などの拡販)

02【各地の最高気温・最低気温】

気温の上昇、低下により、動きが大きく変化する商品の仕掛けタイミングの目安として活用します。
(ex.最低気温が15℃を 下回ると鍋の食卓出現が急増)

03【マーケット動向】

各種マーケットのスタートのタイミング、ピークのタイミングを確認し、自社のプロモーション週の策定を行います。
(ex.11月3週より年末大掃除の掃除用品エンドを展開)

04【家計消費支出】

週別の消費ボリュームを確認し、自社のデータとの比較でタイミングのズレを発見。また、該当週は、どの部門で売上を作っていくのかを見ることで、最適な媒体を実施します。
(ex.GW週は年末に次ぐ消費ボリュームでも食品の支出は少ない)